大阪の美容外科 整形

ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
ボタン
closeclose
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メディカルダイエット
BBX
BNLS
ウルトラアクセント
目(眼瞼)の美容整形
目頭切開
目が離れていて小さい目もとも切れ長の大きな瞳に
目 (眼瞼)
二重形成
埋没法(SMK法)
埋没法 + 脱脂 (MS法)
切開法
瞳拡大
眼瞼下垂
下眼瞼拡大-垂れ目形成-
目頭切開
上眼瞼たるみ改善
上眼瞼切開
眉毛下切開
内視鏡上眼瞼リフト
上眼瞼脂肪注入
下眼瞼たるみ改善
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
涙堂・涙袋形成
涙堂注入
隆鼻術
シリコンインプラント
ゴアテックス(鼻根部Vライン形成)
自家組織移植(軟骨・筋膜)
鼻尖形成術
鼻尖縮小術
鼻尖増高・挙上・下降術
鼻翼(小鼻)形成術
鼻翼縮小・挙上術
鼻中隔延長術
鼻中隔延長術
鼻骨骨切り術
鼻骨骨切り(ワシ鼻・ハンプ)
鼻骨骨切り(広鼻・太鼻)
鼻骨骨切り(斜鼻・鼻中隔弯曲)
鼻柱形成術
鼻柱挙上術
鼻柱下降術
鼻唇角形成術
鼻孔縁形成術
鼻孔縁下降術
鼻下長短縮術(lip lift)
鼻下長短縮術(lip lift)
Filler(皮膚充填剤)注入
注入法(ヒアルロン酸など)
輪郭
エラ
エラ削り
頬骨
頬骨削り
アゴ(オトガイ)
顎 短縮(水平骨切りなど)
顎 延長(骨切り・シリコン)
顎 前進(水平骨切り・シリコン)
顎 後退(骨切り)
V-line形成(垂直骨切りなど)
下顎(咬合)-受け口-
受け口(下顎分節骨切り)
出っ歯(上顎分節骨切り)
(前額部)
額 増大(アパタイト・メタクリル酸メチル・脂肪・ヒアルロン酸)
額 後退(前頭洞骨切り)
こめかみ
増大(シリコン・アパタイト・脂肪・ヒアルロン酸)
ガミースマイル(上顎)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
輪郭プチ整形
ボツリヌストキシン注射(小顔)
しわ・たるみ改善
フェイスリフト
額フェイスリフト
ミッドフェイス フェイスリフト
頬部フェイスリフト
こめかみリフト
スレッドリフト(糸のリフト)
スプリングリフト
シルエットリフト
マジックリフト(ハッピーリフト)
ナチュラルリフト
ホワイトリフト
小顔美容鍼(ウルトラVリフト)
上眼瞼抗加齢治療
眼瞼下垂
上眼瞼切開
眉毛下切開
内視鏡上眼瞼リフト
上眼瞼脂肪注入
上眼瞼除皺術
下眼瞼抗加齢治療
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
プチ整形(注入)
ボツリヌストキシン・ヒアルロン酸注入
PRP療法
脂肪注入
頬 脂肪注入
上眼瞼脂肪注入
超音波治療
ウルセラシステム
レーザー治療
レーザー治療(しわ)
レーザー治療(しみ)
バスト (豊胸)
豊胸
リッツ・プリンセスバッグ
脂肪注入
幹細胞脂肪注入
ヒアルロン酸注入(マクロレイン)
ピュアグラフト豊胸術
乳房縮小(リダクション)
乳輪周囲切開(リダクション)
乳房吊り上げ(マストペクシー)
乳輪周囲切開(マストペクシー)
乳頭・乳輪形成
陥没乳頭
乳頭縮小
乳輪縮小
色素沈着改善(乳頭・乳輪)
トレチノイン療法
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メソセラピーダイエット(脂肪溶解)
メディカルダイエット
メディカルダイエット
BBX
メディカルダイエット BBX
BNLS
BNLS
ウルトラアクセント
ウルトラアクセント
口もと
口唇
口唇拡大術
口唇縮小術
口もと形成
出っ歯(上顎分節骨切り)
受け口(下顎分節骨切り)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
スキンケア
しわ
レーザー治療(しわ)
トレチノイン療法(スキンケア)
しみ
ライムライト
メドライトC6
QスイッチYAGレーザー
レーザートーニング
黒子(ほくろ)
黒子(ほくろ)
その他
婦人科
小陰唇縮小/大陰唇縮小/膣縮小
腋臭(わきが)・多汗症
腋臭の外科的治療
ボトックス注射(多汗症改善)
ビューホット
ビューホット
刺青(入れ墨)除去
刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去
ピアス穴あけ
ピアッシング
料金表

目頭切開 施術内容

「目と目の間が離れている」
「目の横幅を大きくしたい」
「平行型の二重になりにくい」
と悩んでいる方の希望に対して行う手術は目頭切開術になります。 モウコヒダというのは目の内側にある涙点(涙の出る場所)が見えなくなるくらい被っている皮膚のことです。 一般的にはW型法では皮膚を切除(切り取る)してしまうのでその傷にかかる緊張が強く、傷跡が大きく残る傾向があります。リッツ美容外科では「ミニZ法」といって皮膚を切除ことはせずに立体的にずらして入れ替えるので、傷にかかる緊張が少なくなり、早期より自然な仕上がりとなります。

お勧めの方

目頭切開

蒙古(もうこ)ひだは、目頭に張っている皮膚(一部眼輪筋も含まれます)で、日本人の約70%に先天的にみられる特徴です。程度は個人差がありますが、目頭側のピンク色の部分(涙湖といいます)が見られないこともあり、目と目が離れて間延びした感じがします。

この蒙古ひだが原因で、
『目と目が離れてみえる』
『二重の内側が隠れてしまう(末広型)』
『目が小さい(横幅が狭い)』
などの悩みが生じます。
これを改善するには、目頭切開術(内眼角形成術)が適応になりますが、実際にはさまざまな方法が報告されています。

目頭切開の適応

内田法は、国内ではもっとも一般的に行われている方法です。自然な仕上がりになることも多いのですが、ときに内眼角(目頭部分)が丸く不自然になることがあります。また傷が長く、余剰皮膚を切除する方法であるため、目立つ傷跡が(肥厚性瘢痕)残ることがあります。そこでリッツ美容外科では、最小限の切開で目立たないラインでの手術を行っています。
目頭切開の適応

ミニZ形成術の概要

当院で行われるミニZ法は、形成外科的手技としては一般的なZ-plastyの手法を目頭の蒙古ひだに応用したものです。実はZ型に皮膚を切開する目頭切開の方法だけでも、さまざまなデザインが存在します。切開線の長さ、方向など患者様の蒙古ひだの形態ごとにデザインする必要があります。
このミニZ法は、皮膚を切除するという方法(W型切開、三日月型切開)とは全く異なる発想から開発されたものです。実際にミニZ法では、蒙古ひだの皮膚を切除するのではなく、立体的にずらして三角の皮膚を入れ替える方法です。蒙古ひだは切除するほどに実際には皮膚が余っているわけではなく、立体的に張り出しが強いだけという解剖学的な成因に着目すると、この術式がもっとも理にかなっていることになります。

このミニZ法は切開線が最短で済むと同時に、縫合部位での張力が小さい為、早期より傷跡が目立たないのが特徴です。また皮弁を入れ替えているため、後戻りがまったくありません。傷跡、後戻りともに他の方法より数段優れた方法です。その結果として、大変自然な仕上がりとなります。

ミニZ法の手術方法

ミニZ法の手術方法
デザインは蒙古ひだの縁に沿って中心辺をマークします。 指で中央方向に皮膚を引っ張り内眼角(目頭部分)を露出し、内眼角と中心辺に約60°の三角皮弁をデザインします。
Zが大きく鈍角であればそれだけ効果は大きく、Zが小さく鋭角であれば効果も小さくなります。これは術者が意図的にデザインできるわけです。

裏の三角弁を内眼角(目頭部分)近くまで剥離していく、と内眼角靭帯に強固に付着しています。内眼角形成術は皮膚だけではなく筋層と靭帯は適度に処理しなければ効果が得られないわけです。これを放置しますと”後戻り“の原因になります。特にひだが強く張っている場合には、靭帯から眼輪筋のはずし方がポイントとなります。
方向は極細のナイロン糸で行い、傷は最小限に目立たなくなります。

また、このミニZ法は内田法と異なり余剰皮膚を切除しない為、万が一お好みに合わない場合には、ある程度元に戻すことも可能です。
POINT
目頭切開術は、目の横幅を大きくする施術です。
目頭切開術は、末広型の二重から平行型の二重にできる施術です。
目頭切開術には、様々な術式がありますが、当院で行なっているのは、形成外科的手技であるZ-plastyの手法を目頭に応用した「ミニZ法」です。皮膚を切除しないので切開線が短く張力がかからず傷が目立ちません。傷が気になって踏み切れなかった方にお勧めします。
十分なカウンセリングの後に手術を行いますが、万が一主観的な問題で戻したい場合、ミニZ法でしたらある程度元に戻すことができます。(皮膚を切除する術式では、元に戻すのは困難です。)
目頭切開の特徴
施術時間 約60分
麻酔 静脈麻酔/局所麻酔
腫れ具合 ★★☆☆☆
ダウンタイム 3~5日
抜糸 5日目
患部を肌色のテープ固定
同時に行うことが多い施術
エラ削り
四角い大きな顔もほっそりとした理想の卵型に
エラ削り 詳細へ
顎 短縮(水平骨切りなど)
長さを10ミリ~12ミリ短く、均整のとれた顎(あご)に
顎 短縮(水平骨切りなど) 詳細へ
頬骨削り
顔の横幅を小さくして憧れの小顔に
頬骨削り 詳細へ
鼻中隔延長術
上を向いた鼻を下方向に延長
鼻中隔延長術 詳細へ
鼻尖縮小術
団子鼻もほっそりと自然なシャープさを
鼻尖縮小術 詳細へ
料金表
目頭切開
262,500円~ ※個人差によって料金の変動がございます。
よくある質問と答え
目頭切開の傷はどの位でわからなくなりますか?
目頭切開術には、様々な術式があります。当院で行っているミニZ法は、形成外科的手技であるZ-plastyを応用したものです。一般的な方法は皮膚を切り取りますが、皮膚を切り取らずに入れ替える方法ですから、張力がかからず傷が小さく自然な仕上がりになります。傷が素顔で目立たなくなるまで3ヶ月~6ヶ月位です。
目頭切開をしたいのですが、そんなに目と目が離れていません。誰でも可能な手術ですか?
日本人の平均的な目と目の間隔は34~35ミリです。32ミリより狭いとかなり目と目が寄って見えるので目頭切開の適応がない場合があります。但し、これはあくまでも平均ですから小顔の方はこの限りではありません。医師がバランスを考慮し手術の適応を診断致します。
目と目が離れているのですが、どうしたらいいですか?
目と目が離れている方は、多くの場合目頭部分に蒙古ひだといわれる膜状の皮膚が張っています。この蒙古ひだを処理する目頭切開術を行えば、目と目が離れている感じがなくなります。また、目と目の間を高くすると顔立ちが立体的になり目と目が離れた平坦な感じが改善されます。
目頭切開と二重は同時に手術できますか?
もちろん同時に手術することは可能です。平行型の二重にしたいけれど、蒙古ひだが張っていて当院の固定力の強い埋没法でも難しい人にお勧めすることがあります。
目頭切開のミニZ法とはどのような方法でしょうか?
当院の目頭切開術ミニZ法は、形成外科的手技として一般的なZ-plastyを、蒙古ひだに応用したものです。一般的な方法は蒙古ひだの皮膚を切り取りますが、ミニZ法は立体的にずらして入れ替える方法です。そのため、切開線が最短で張力が小さいため、早期より傷が目立たず自然な目もとになるのが特徴です。
末広型の二重を平行型にするにはどのような方法でしょうか?
当院の埋没法スクエア・マルチプル・ノット法は、平行型二重を希望する方には6点まで固定点数を増やして対応していますが、それでも蒙古ひだの状態によっては難しい場合があります。このような場合は目頭切開術を行います。
目頭切開をすれば目は大きくなりますか?
目が小さいと悩む方が多いのですが、眼球自体の大きさは、成人なら体格等に関係なくほとんど同じです。大きい人と小さい人の違いは眼球の露出範囲の違いです。内眼角(目頭部分)に蒙古ひだといわれている皮下組織が張っている方でしたら、目頭切開術で横幅の広い大きな目にできます。その状態であれば内側にむかって大きくすることが可能です。
腫れについて教えてください。
目頭は比較的腫れが少ない部位です。抜糸の頃(術後5日目)には、ほとんど目立ちません。抜糸後は赤味がありますが、徐々に目立たなくなっていきます。その間はお化粧で十分カバーできます。
痛みについて教えてください。
点眼の予備麻酔を行い極細の注射針で局所麻酔をしますの、ほとんど痛みを感じることはありません。特に痛みに敏感な方には、眠っている間に終了する静脈麻酔もできます。術後に強い痛みはなくお渡しする鎮痛剤で十分カバーできる位です。
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
リッツ美容外科 大阪院 美容外科 整形
ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
トップへ戻る