大阪の美容外科 整形

ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
ボタン
closeclose
バスト (豊胸)
豊胸
乳房縮小(リダクション)
乳房吊り上げ(マストペクシー)
乳頭・乳輪形成
色素沈着改善(乳頭・乳輪)
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メディカルダイエット
BBX
BNLS
目(眼瞼)の美容整形
Eyes
目(眼瞼)の美容整形に自信を持つ美容外科、リッツ大阪院の各種治療方法をご紹介
目(眼瞼)は、人間の顔の印象を左右する重要な部位です。美容外科であるリッツ大阪院では、患者様の目(眼瞼)のお悩みに応じた様々な施術をご用意しております。
なお、目(眼瞼)に関わる施術は、以下のとおり、大きく2種類にわかれます。
①目を大きくして魅力的に見せるための施術
二重整形・埋没法(SMK法)、垂れ目形成、眼瞼下垂治療、目頭切開、涙堂・涙袋形成
②加齢に伴う変化を取り除いて若々しく見せるための施術
上眼瞼たるみ改善、下眼瞼たるみ改善
フォトナレーザー
フォトナレーザー
インティマレーザー
スマイルリフト
アイリフト
ナイトレーズ
リップレーズ
ミラーピール
目 (眼瞼)
二重形成
埋没法(SMK法)
埋没法 + 脱脂 (MS法)
切開法
瞳拡大
眼瞼下垂
下眼瞼拡大-垂れ目形成-
目頭切開
上眼瞼たるみ改善
上眼瞼切開
眉毛下切開
上眼瞼脂肪注入
下眼瞼たるみ改善
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
涙堂・涙袋形成
涙堂注入
隆鼻術
シリコンインプラント
自家組織移植(軟骨・筋膜)
鼻尖形成術
鼻尖縮小術
鼻尖増高・挙上・下降術
鼻翼(小鼻)形成術
鼻翼縮小・挙上術
鼻中隔延長術
鼻中隔延長術
鼻骨骨切り術
鼻骨骨切り(ワシ鼻・ハンプ)
鼻骨骨切り(広鼻・太鼻)
鼻骨骨切り(斜鼻・鼻中隔弯曲)
鼻柱形成術
鼻柱挙上術
鼻柱下降術
鼻唇角形成術
鼻孔縁形成術
鼻孔縁下降術
鼻下長短縮術(lip lift)
鼻下長短縮術(lip lift)
Filler(皮膚充填剤)注入
注入法(ヒアルロン酸など)
輪郭
エラ
エラ削り
頬骨
頬骨削り
アゴ(オトガイ)
顎 短縮(水平骨切りなど)
顎 延長(骨切り・シリコン)
顎 前進(水平骨切り・シリコン)
顎 後退(骨切り)
V-line形成(垂直骨切りなど)
下顎(咬合)-受け口-
受け口(下顎分節骨切り)
出っ歯(上顎分節骨切り)
(前額部)
額 増大(アパタイト・メタクリル酸メチル・脂肪・ヒアルロン酸)
こめかみ
増大(シリコン・アパタイト・脂肪・ヒアルロン酸)
ガミースマイル(上顎)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
輪郭プチ整形
ボツリヌストキシン注射(小顔)
しわ・たるみ改善
フェイスリフト
額フェイスリフト
ミッドフェイス フェイスリフト
頬部フェイスリフト
こめかみリフト
スレッドリフト(糸のリフト)
スプリングリフト
シルエットリフト
マジックリフト(ハッピーリフト)
ナチュラルリフト
上眼瞼抗加齢治療
眼瞼下垂
上眼瞼切開
眉毛下切開
上眼瞼脂肪注入
上眼瞼除皺術
下眼瞼抗加齢治療
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
注入
ボツリヌストキシン・ヒアルロン酸注入
PRP療法
脂肪注入
頬 脂肪注入
上眼瞼脂肪注入
超音波治療
ウルセラシステム
レーザー治療
レーザー治療(しわ)
レーザー治療(しみ)
バスト (豊胸)
豊胸
リッツ・プリンセスバッグ
脂肪注入
ヒアルロン酸注入(マクロレイン)
乳房縮小(リダクション)
乳輪周囲切開(リダクション)
乳房吊り上げ(マストペクシー)
乳輪周囲切開(マストペクシー)
乳頭・乳輪形成
陥没乳頭
乳頭縮小
乳輪縮小
色素沈着改善(乳頭・乳輪)
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メソセラピーダイエット(脂肪溶解)
メディカルダイエット
メディカルダイエット
BBX
メディカルダイエット BBX
BNLS
BNLS
口もと
口唇
口唇拡大術
口唇縮小術
口もと形成
受け口(下顎分節骨切り)
出っ歯(上顎分節骨切り)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
スキンケア
しわ
レーザー治療(しわ)
しみ
ライムライト
メドライトC6
QスイッチYAGレーザー
レーザートーニング
黒子(ほくろ)
黒子(ほくろ)
その他
婦人科
小陰唇縮小/大陰唇縮小/膣縮小
腋臭(わきが)・多汗症
腋臭の外科的治療
ボトックス注射(多汗症改善)
ビューホット
ビューホット
刺青(入れ墨)除去
刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去
ピアス穴あけ
ピアッシング
美容点滴
美容点滴
料金表

二重整形・埋没法[SMK法(スクエア・マルチプル・ノット法)]

二重(埋没法)
目の整形手術の中でも、二重まぶたを形成したい患者様におすすめしたい美容整形が、当院オリジナルの埋没法であるSMK(スクエア・マルチブル・ノット)法です。

SMK法は、リッツ大阪院が独自に開発した埋没法であり、上記の図のとおり、理想的な二重まぶたのラインを作るために、3点〜6点までの固定を行う二重整形となっています。

埋没糸のかけ方に更なる工夫を加え、固定点と固定点の間も線で固定することにより、二重ラインを保持する強度を高めている、従来の埋没法の進化版とも言える術式です。

3点法のライン消失率は約8〜10%、6点法のライン消失率はほぼ0%となっており、特に6点法はラインの消失例が見られないほどの持続効果が期待できます。リッツ大阪院では、ダウンタイムも少なく抑えつつ、患者様が望む二重まぶたを形成することができる6点法をおすすめします。

リッツ大阪院で行うSMK法は、麻酔につきましても局所麻酔・静脈麻酔による完全無痛麻酔で痛み対策を万全に行っており、腫れ・痛み・内出血などのダウンタイムも抑えて治療を行うことができます。長いあいだ効果を持続でき、かつダウンタイムも少ない二重整形を受けたいとお考えの患者様は、ぜひともリッツ大阪院までご相談ください。
二重(ふたえ) その他施術
埋没法 + 脱脂 (MS法) 切開法

瞳開大(1)【下眼瞼開大 垂れ目形成】

瞳開大(1)【下眼瞼開大 垂れ目形成】
アジア人特有のきついつり目やキツネ目を、優しい印象の垂れ目にするのが、リッツ大阪院の行う下眼瞼拡大・垂れ目形成の美容整形です。

リッツ大阪院では、下眼瞼の中央から外側1/2の下方への目の開きを調整するために、下方向に引き下げて縫い縮めることで、黒目と白目の露出を広げ、下眼瞼拡大・垂れ目形成を行います。これにより、きつい印象になりがちなつり目・キツネ目を、愛らしい垂れ目に整形することができます。

下眼瞼拡大・垂れ目形成の美容整形は、基本的には下眼瞼の裏側から行うため、外側から傷が見えることはなく、周りに整形手術を行ったことを気づかれることもほとんどありません。

ただし、より大きな垂れ目効果を求めている患者様や、逆睫毛(さかまつげ)の患者様には、下睫毛の生え際の少し下から皮膚切除を行い、目尻側の皮膚を下制させることも可能です。なお、この手術方法は下眼瞼下制術とも呼びます。

リッツ大阪院では、患者様のつり目やキツネ目の状態を確認したうえで、理想的な下眼瞼拡大・垂れ目形成を行うための美容整形を個別にご提案させていただいております。

瞳開大(2)【眼瞼下垂】

瞳開大(2)【眼瞼下垂】
眼瞼下垂は、加齢による眼瞼のたるみ症状と混同されることがありますが、実は目の病気です。眼瞼の機能異常の一種であり、加齢による皮膚および筋肉(上眼瞼挙筋)の変性、慢性刺激による眼瞼の健(けん)の損傷によって引き起こされます。

眼瞼下垂を発症すると、軽度〜中等度の下垂で、眼瞼が重くなって目を開いているのが面倒になったり、いつも眠そうだと指摘されたりするようになります。ひどい場合には上眼瞼が黒目(瞳)にかぶさってしまい、視覚障害を引き起こす場合もあるため、治療が必要です。

なお、眼瞼下垂の治療は、神経疾患などの例外を除いて、手術が基本となります。症状の原因となっている伸びきった筋肉(上眼瞼挙筋)を短縮することにより、手術の直後からぱっちりと開く健康的な瞳になるように調整して、施術を完了できます。

なお、結膜からアプローチを行う経結膜法の場合、眼瞼の裏側からメスを入れるため、挙筋を切る必要がないので皮膚には全く傷が残らず、術後も目立たないメリットがあります。リッツ美容外科大阪院では、仕上がりの美しいこの術式をおすすめしております。

眼瞼下垂の手術は眼科などでも受けることが可能です。しかし、リッツ大阪院では眼瞼下垂治療+美容整形外科としてのノウハウも持っているため、手術中に瞳の開き具合を医師と一緒に確認しながら施術をお受けいただくことができ、仕上がりも美容整形外科ならではといえる美しいものとなります。

瞳開大(3)【目頭切開】

瞳開大(3)【目頭切開】
目頭切開とは、文字通り、目頭を切開することで、眼の横幅を広げ、内側の方向に大きくすることができる美容整形です。

日本人の場合、蒙古襞(モウコヒダ)と呼ばれる皮膚が目頭の目元付近にかぶっており、目の内側にある赤い涙点が正面から見えないことがあります。リッツ大阪院の目頭切開では、この皮膚をZ形成術で切開することで、目の横幅を広げ、目と目の間を近づけて、より大きな印象の並行型二重の目にすることができます。

なお、従来の目頭切開はW型法が行われていましたが、この方法だと目頭部分の皮膚を切り取る必要があるため、傷の部分にかかる負担が大きく、傷口も目立つデメリットがありました。

その点、リッツ大阪院では、Z形成術の中でも「ミニZ形成術」を採用しており、皮膚を切除することなく、立体的にずらして入れ替える美容整形を行うため、患者様の体への負担を少なくすることができ、早期に自然な仕上がりが期待できます。

上眼瞼たるみ改善

上眼瞼たるみ改善
上眼瞼たるみ改善とは、老化とともに目の上の皮膚がたるみ、二重の幅が狭くなったり、睫毛にかぶってきたり、視界が狭くなったりする症状を改善するための美容整形です。

特に、上眼瞼のたるみは目尻側に症状が顕著にあらわれる傾向があり、目の形が三角形に近づいていき、放置しておくと年老いた印象の目になってしまいます。そこで、リッツ大阪院では、上眼瞼たるみ改善の方法として、目の上のたるんでだぶついた皮膚を切り取ることで、患者様が本来持っている若々しい目元を取り戻します。

傷跡は二重ラインで隠れるために目立ちにくく、丁寧な縫合を心がけているため、術後も周りに気づかれることはほとんどありません。開眼した状態で傷跡が見えないことはもちろんのこと、閉眼した状態でもわかりにくく、時間の経過とともに消失していきます。
上眼瞼たるみ改善 その他施術
眉毛下切開 上眼瞼脂肪注入

下眼瞼たるみ改善

下眼瞼たるみ改善
下眼瞼たるみ改善は、下眼瞼のしわ・たるみ・クマ取りを行うための美容整形です。目の下を切開して、余分な皮膚や筋肉を切除し、すっきりとした若々しい目元にする手術となっています。

目の下には、しわ・たるみ・たるみによるクマの3つの症状があり、下眼瞼にはこれら3つの要素が組み合わさって現れるため、診察と術式の決定には医師の経験が不可欠となります。

リッツ大阪院では、4つの方法のいずれかを選択して、患者様の下眼瞼のしわ・たるみ・クマを治療・改善します。

・皮弁法
たるんだ皮膚を切除して、下眼瞼のしわのみを取り除く術式。

・筋皮弁法
皮膚と筋肉を上方に引き上げることで、下眼瞼のしわ・たるみを除去する術式。

・ハムラー法
下眼瞼の突出した脂肪を下方または適切な位置へ移動させ、くぼみや突出をなくすことでしわ・たるみ・クマを取り除く術式。

・経結膜脱脂法
Baggy eyelids(涙袋)が加齢とともに目立ってしわ・たるみ・クマの原因となっている場合、涙袋の脂肪を除去するのではなく、脂肪を頬瞼溝のくぼみの下に移動して、溝を盛り上げる術式。
下眼瞼たるみ改善 その他施術
下眼瞼結膜側脱脂 目の下のクマの治療

涙堂・涙袋形成

涙堂・涙袋形成
一般的に涙袋と称される涙堂とは、笑ったときにできる下眼瞼のふっくらとしたふくらみを意味します。涙堂・涙袋は眼輪筋が収縮することによって形成され、目の下のこの部分が強調されることにより、表情が豊かに見え、可愛らしい顔立ちに見えるのです。目元に立体感が出るので、若々しい印象にもなります。

リッツ大阪院の涙堂・涙袋形成では、ヒアルロン酸を注入します。皮膚が薄い目元へのヒアルロン酸の注入は、内出血や腫れがあまり出ないように、医師が毛細血管を避けながら丁寧に行います。

なお、涙堂・涙袋がつくられる部分はヒアルロン酸が比較的吸収されにくいため、効果は長持ちします。しかしながら、一度にたくさん注入するとbaggy eyelidsのような疲れた印象の目元になってしまう可能性があるので、初回注入後に1〜3ヶ月ほど間をおき、その後に0.2〜0.3ccの追加注入を行うことをおすすめしています。
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
リッツ美容外科 大阪院 美容外科 整形
ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
トップへ戻る