大阪の美容外科 整形

ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
ボタン
closeclose
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メディカルダイエット
BBX
BNLS
ウルトラアクセント
鼻の美容整形
ゴアテックス(鼻根部Vライン形成)
柔軟性のあるゴアテックスで眉間から鼻尖まで西洋人のように高く
目 (眼瞼)
二重形成
埋没法(SMK法)
埋没法 + 脱脂 (MS法)
切開法
瞳拡大
眼瞼下垂
下眼瞼拡大-垂れ目形成-
目頭切開
上眼瞼たるみ改善
上眼瞼切開
眉毛下切開
内視鏡上眼瞼リフト
上眼瞼脂肪注入
下眼瞼たるみ改善
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
涙堂・涙袋形成
涙堂注入
隆鼻術
シリコンインプラント
ゴアテックス(鼻根部Vライン形成)
自家組織移植(軟骨・筋膜)
鼻尖形成術
鼻尖縮小術
鼻尖増高・挙上・下降術
鼻翼(小鼻)形成術
鼻翼縮小・挙上術
鼻中隔延長術
鼻中隔延長術
鼻骨骨切り術
鼻骨骨切り(ワシ鼻・ハンプ)
鼻骨骨切り(広鼻・太鼻)
鼻骨骨切り(斜鼻・鼻中隔弯曲)
鼻柱形成術
鼻柱挙上術
鼻柱下降術
鼻唇角形成術
鼻孔縁形成術
鼻孔縁下降術
鼻下長短縮術(lip lift)
鼻下長短縮術(lip lift)
Filler(皮膚充填剤)注入
注入法(ヒアルロン酸など)
輪郭
エラ
エラ削り
頬骨
頬骨削り
アゴ(オトガイ)
顎 短縮(水平骨切りなど)
顎 延長(骨切り・シリコン)
顎 前進(水平骨切り・シリコン)
顎 後退(骨切り)
V-line形成(垂直骨切りなど)
下顎(咬合)-受け口-
受け口(下顎分節骨切り)
出っ歯(上顎分節骨切り)
(前額部)
額 増大(アパタイト・メタクリル酸メチル・脂肪・ヒアルロン酸)
額 後退(前頭洞骨切り)
こめかみ
増大(シリコン・アパタイト・脂肪・ヒアルロン酸)
ガミースマイル(上顎)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
輪郭プチ整形
ボツリヌストキシン注射(小顔)
しわ・たるみ改善
フェイスリフト
額フェイスリフト
ミッドフェイス フェイスリフト
頬部フェイスリフト
こめかみリフト
スレッドリフト(糸のリフト)
スプリングリフト
シルエットリフト
マジックリフト(ハッピーリフト)
ナチュラルリフト
ホワイトリフト
小顔美容鍼(ウルトラVリフト)
上眼瞼抗加齢治療
眼瞼下垂
上眼瞼切開
眉毛下切開
内視鏡上眼瞼リフト
上眼瞼脂肪注入
上眼瞼除皺術
下眼瞼抗加齢治療
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
プチ整形(注入)
ボツリヌストキシン・ヒアルロン酸注入
PRP療法
脂肪注入
頬 脂肪注入
上眼瞼脂肪注入
超音波治療
ウルセラシステム
レーザー治療
レーザー治療(しわ)
レーザー治療(しみ)
バスト (豊胸)
豊胸
リッツ・プリンセスバッグ
脂肪注入
幹細胞脂肪注入
ヒアルロン酸注入(マクロレイン)
ピュアグラフト豊胸術
乳房縮小(リダクション)
乳輪周囲切開(リダクション)
乳房吊り上げ(マストペクシー)
乳輪周囲切開(マストペクシー)
乳頭・乳輪形成
陥没乳頭
乳頭縮小
乳輪縮小
色素沈着改善(乳頭・乳輪)
トレチノイン療法
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メソセラピーダイエット(脂肪溶解)
メディカルダイエット
メディカルダイエット
BBX
メディカルダイエット BBX
BNLS
BNLS
ウルトラアクセント
ウルトラアクセント
口もと
口唇
口唇拡大術
口唇縮小術
口もと形成
出っ歯(上顎分節骨切り)
受け口(下顎分節骨切り)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
スキンケア
しわ
レーザー治療(しわ)
トレチノイン療法(スキンケア)
しみ
ライムライト
メドライトC6
QスイッチYAGレーザー
レーザートーニング
黒子(ほくろ)
黒子(ほくろ)
その他
婦人科
小陰唇縮小/大陰唇縮小/膣縮小
腋臭(わきが)・多汗症
腋臭の外科的治療
ボトックス注射(多汗症改善)
ビューホット
ビューホット
刺青(入れ墨)除去
刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去
ピアス穴あけ
ピアッシング
料金表

ゴアテックス(鼻根部Vライン形成) 施術内容

ゴアテックスは非常に柔らかい素材のため、被膜を形成することがほとんどない素材です。
そのため段鼻や斜鼻に対して適応します。西洋人のように、眉間から鼻尖まで高くしたい(V-ライン隆鼻術)方、鼻根部が全く平坦な方、前頭洞・眉毛上隆起が発達している方には良い適応です。

お勧めの方

隆鼻術概論

日本人の鼻の特徴は、西洋人と比べて小さい(低く、短い)ことです。そのため鼻の美容形成手術のなかでも、隆鼻術(鼻を高くする)はもっともポピュラーな手術です。

隆鼻に利用される素材
人工材料(biologic materials)と自家組織(alloplastic materials)に分類されます。

自家組織(biologic materials)

自 分自身のの骨(腸骨、頭蓋骨・外板)、軟骨(耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨)、筋膜、真皮などが挙げられます。これら自家組織は感染などの合併症は少ない のですが、長期的には吸収、変形などの問題、採取部(ドナー)の犠牲、細工の難しさ、2次修正を要する場合に移植組織が癒着することにより手技的に困難に なる、等々の欠点も指摘されています。
90年代後半になり、Diced cartilage(軟骨細片)という自家組織移植の欠点の多くを改善した新しい術式が報告され、有用な方法であると考えます。

人工材料(alloplastic materials)

一 方、alloplastic materialsとして代表的なものはシリコン樹脂です。シリコン樹脂は、生体反応が少ない安全な人工埋入補填材料として、現在まで約50年にわたり利 用されてきた長い歴史があります。長所としては、手術手技が比較的容易で、細工しやすいため鼻の形態を繊細に整えやすい点が挙げられます。また万が一手術 結果が希望に添わない場合でも、抜去、再挿入等の修正が比較的容易です。適応を見極めた上で“適切な大きさ・形態のインプラントを挿入する”という条件つ きであれば、現在もっとも理想的な隆鼻素材であると考えられています。
また美容大国である米国、韓国では、ゴアテックス®(ePTFE)も一般 的 に使用されています。ゴアテックス®の最良の適応は、眉毛の内側(眉間)から鼻根、鼻背まで連続的に高くしたい場合です。この場合には鼻根より眉間にかけ て頭側に向かって広がりをもつ形状とする必要があり、インプラントに柔軟性が必要となり、シリコン・インプラントでは対応できないからです。
リッツ美容外科で一般的に行なわれている隆鼻術に関して、その適応、手術手技などを解説していきます。
シリコンインプラント
ゴアテックス®(ePTFE)

ゴアテックス®(ePTFE)・インプラント挿入術

ゴアテックス®の特徴

シリコンと比して素材が軟らかいためベース側の骨、軟骨のカーブに適合しやすい
シリコンは周囲に被膜を形成するが、ゴアテックス®は被膜形成がほとんどおこらない。
すなわちシリコンは過度に被膜が形成されると頭側偏位(移動)する可能性があるが、ゴアテックス®では偏位がおこりにくい。

使用に際してシリコン・インプラントとそれ程大きな差はなく、手術手技もおよそシリコン・インプラントと同様です。但し素材が軟らかいのは良し悪しで、挿入後のフィット感はシリコンを凌ぎます。また、まっすぐに適正な位置に挿入するのは難しく高度な技術を要します。

どのような患者様にゴアテックス®を選択するのか?

鼻根部Vライン隆鼻術
眉間部の両側眉毛内側から鼻背にかけて隆鼻をする場合には、眉間の骨に沿った曲面を形成する必要があり、柔軟性のあるゴアテックス®が適応となります。
ハンプ症例
鼻根部のみ、鼻背部のみなどに短いインプラントが必要な場合があります。シリコンは長期的にみて移動する可能性があり、両端にグラデーションをつけて適合させるのが難しく、その点でゴアテックス®の方が優れています。
斜鼻症例
本来の鼻すじに沿ってではなく、あえて鼻すじをずらして入れる必要があるため、シリコンインプラントでは柔軟性がないために辺縁が明瞭になりすぎる傾向があります。この場合にも柔軟なゴアテックス®のほうが優れています。

鼻根部(眉間部)Vライン隆鼻術

ゴアテックス®の適応は、西洋人のような眉間から鼻尖までの連続した隆鼻術です。鼻根部がまったく平坦な患者様、前頭洞、眉毛上隆起の発達した患者様ではこのようなインプラントが良い適応です。

実際の手術手技

術前デザイン
術前に患者様が座った状態でデザインを行いますが、眉毛内側のデザインは眉弓に自然と連続していくことが重要です。

術前デザイン
ゴアテックス®インプラントの作成
患者様一人ひとりに合わせてゴアテックス®インプラントを作成します。一般的には眉間部で頭側の広がりは幅25~30mm、台形部分の高さは15mm程度です。その後鼻背から鼻尖までは幅10mm程度(好みにより8~12mm)です。1枚の厚みは2mmであるため症例によっては2~4枚ほど重ねることもあります。

適正な位置にインプラントを挿入するためにpull-out用の7-0黒ナイロンを頭側で両側に2箇所、尾側で中央に1箇所通して準備完了です。
切開
アプローチはオープン法を選択します。
理由はゴアテックス®インプラントのデザインは頭側が広く、挿入部が小さいと挿入時にインプラントが軟らかいために変形してしまい、挿入後に形態を整えるのが難しいからです。
剥離
剥離はシリコンと同様ですが、頭側は骨膜下で挿入予定範囲をやや超えて余裕を持って剥離し、頭側の剥離は眉毛内側まで広げます。
ゴアテックス®挿入
ゴアテックス・インプラント上端2箇所の糸を眉毛内側のポイントに直針で抜いていきます。
本 手術の難しさは、インプラントの頭側が広がっているため、そのままの形状ではインプラントを挿入できないため、上端の両側をやや折り込んで挿入し、挿入後 に糸を引いて両端を広げることになります。下端の糸はインプラント挿入後にインプラントを皮膚の上から押しながらなじませた上で鼻尖中央に抜いていきます。
挿入後は正面、側面からインプラントの形状、挿入位置等チェックは万全に行います。
閉創
POINT
・本来の鼻の構造に基づいたオリジナルインプラントを開発しました。限りなく自然に近い触り心地で触ってもインプラントの存在が分りません。

・当院では、インプラントは、お1人おひとりの希望に合わせて高さを調整してデザインします。術後イメージをつかめるシミュレーションも行なっています。

・単にインプラントを挿入するのではなく、斜鼻、段鼻、短鼻、インプラントの入れ替えなどもともとの鼻の形態、希望に応じたデザインと工夫をしています。

・インプラントは、最も安定する鼻骨と骨膜の間に挿入しますので、動くこともブラックライトで光ることもありません。

・デザインは、鼻だけを見るのではなく、正面顔では目と目の間の距離、鼻の長さ、鼻尖・鼻翼幅、横顔では額~口元~顎までのバランスを考慮します。医師のセンスと経験を要求される施術です。
隆鼻術(ゴアテックス・インプラント)
施術時間 約45分
麻酔 静脈麻酔/局所麻酔
腫れ具合 ★★☆☆☆
ダウンタイム 3日~7日間
抜糸 7日目
2~3日間テープで固定
同時に行うことが多い施術
下眼瞼拡大-垂れ目形成-
つり目を改善し、垂れ目を形成
下眼瞼拡大-垂れ目形成- 詳細へ
目頭切開
目が離れていて小さい目もとも切れ長の大きな瞳に
目頭切開 詳細へ
エラ削り
四角い大きな顔もほっそりとした理想の卵型に
エラ削り 詳細へ
頬骨削り
顔の横幅を小さくして憧れの小顔に
頬骨削り 詳細へ
額 後退(前頭洞骨切り)
額の突出による険しい印象を、女性的な優しい印象へ
額 後退(前頭洞骨切り) 詳細へ
料金表
ゴアテックス(鼻根部Vライン形成)
鼻根部のみ:420,000円~ 鼻根部~鼻尖部:525,000円
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
リッツ美容外科 大阪院 美容外科 整形
ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
トップへ戻る