大阪の美容外科 整形

ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
ボタン
closeclose
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メディカルダイエット
BBX
BNLS
ウルトラアクセント
鼻の美容整形
鼻骨骨切り(広鼻・太鼻)
太い鼻筋を細くシャープに整える
目 (眼瞼)
二重形成
埋没法(SMK法)
埋没法 + 脱脂 (MS法)
切開法
瞳拡大
眼瞼下垂
下眼瞼拡大-垂れ目形成-
目頭切開
上眼瞼たるみ改善
上眼瞼切開
眉毛下切開
内視鏡上眼瞼リフト
上眼瞼脂肪注入
下眼瞼たるみ改善
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
涙堂・涙袋形成
涙堂注入
隆鼻術
シリコンインプラント
ゴアテックス(鼻根部Vライン形成)
自家組織移植(軟骨・筋膜)
鼻尖形成術
鼻尖縮小術
鼻尖増高・挙上・下降術
鼻翼(小鼻)形成術
鼻翼縮小・挙上術
鼻中隔延長術
鼻中隔延長術
鼻骨骨切り術
鼻骨骨切り(ワシ鼻・ハンプ)
鼻骨骨切り(広鼻・太鼻)
鼻骨骨切り(斜鼻・鼻中隔弯曲)
鼻柱形成術
鼻柱挙上術
鼻柱下降術
鼻唇角形成術
鼻孔縁形成術
鼻孔縁下降術
鼻下長短縮術(lip lift)
鼻下長短縮術(lip lift)
Filler(皮膚充填剤)注入
注入法(ヒアルロン酸など)
輪郭
エラ
エラ削り
頬骨
頬骨削り
アゴ(オトガイ)
顎 短縮(水平骨切りなど)
顎 延長(骨切り・シリコン)
顎 前進(水平骨切り・シリコン)
顎 後退(骨切り)
V-line形成(垂直骨切りなど)
下顎(咬合)-受け口-
受け口(下顎分節骨切り)
出っ歯(上顎分節骨切り)
(前額部)
額 増大(アパタイト・メタクリル酸メチル・脂肪・ヒアルロン酸)
額 後退(前頭洞骨切り)
こめかみ
増大(シリコン・アパタイト・脂肪・ヒアルロン酸)
ガミースマイル(上顎)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
輪郭プチ整形
ボツリヌストキシン注射(小顔)
しわ・たるみ改善
フェイスリフト
額フェイスリフト
ミッドフェイス フェイスリフト
頬部フェイスリフト
こめかみリフト
スレッドリフト(糸のリフト)
スプリングリフト
シルエットリフト
マジックリフト(ハッピーリフト)
ナチュラルリフト
ホワイトリフト
小顔美容鍼(ウルトラVリフト)
上眼瞼抗加齢治療
眼瞼下垂
上眼瞼切開
眉毛下切開
内視鏡上眼瞼リフト
上眼瞼脂肪注入
上眼瞼除皺術
下眼瞼抗加齢治療
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
プチ整形(注入)
ボツリヌストキシン・ヒアルロン酸注入
PRP療法
脂肪注入
頬 脂肪注入
上眼瞼脂肪注入
超音波治療
ウルセラシステム
レーザー治療
レーザー治療(しわ)
レーザー治療(しみ)
バスト (豊胸)
豊胸
リッツ・プリンセスバッグ
脂肪注入
幹細胞脂肪注入
ヒアルロン酸注入(マクロレイン)
ピュアグラフト豊胸術
乳房縮小(リダクション)
乳輪周囲切開(リダクション)
乳房吊り上げ(マストペクシー)
乳輪周囲切開(マストペクシー)
乳頭・乳輪形成
陥没乳頭
乳頭縮小
乳輪縮小
色素沈着改善(乳頭・乳輪)
トレチノイン療法
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メソセラピーダイエット(脂肪溶解)
メディカルダイエット
メディカルダイエット
BBX
メディカルダイエット BBX
BNLS
BNLS
ウルトラアクセント
ウルトラアクセント
口もと
口唇
口唇拡大術
口唇縮小術
口もと形成
出っ歯(上顎分節骨切り)
受け口(下顎分節骨切り)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
スキンケア
しわ
レーザー治療(しわ)
トレチノイン療法(スキンケア)
しみ
ライムライト
メドライトC6
QスイッチYAGレーザー
レーザートーニング
黒子(ほくろ)
黒子(ほくろ)
その他
婦人科
小陰唇縮小/大陰唇縮小/膣縮小
腋臭(わきが)・多汗症
腋臭の外科的治療
ボトックス注射(多汗症改善)
ビューホット
ビューホット
刺青(入れ墨)除去
刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去
ピアス穴あけ
ピアッシング
料金表

鼻骨骨切り(広鼻・太鼻) 施術内容

太い鼻筋は、数種類の骨形態改善用の器具を使って、骨格自体を改善します。軽度、中程度の広鼻では low ―high、重度の広鼻では low -low の骨切りを行ないます。

お勧めの方

【鼻背形成術】

鼻骨骨切り術の概要

鼻骨骨切り術は、鼻の大きい欧米では ポピュラーな手術ですが、我が国では適応症例が少ないこともあり決してポピュラーな手術とはいえません。しかし生活習慣の西欧化に伴って日本人の体型も西 欧化してきており、外鼻形態も徐々に西洋人に近づいてきている現実を考えると、今後は需要は増えることが予想されます。

元来鼻骨骨切りは 、hump(ハンプ、段鼻)切除後の open roofを閉じる手段として考案されたのですが、今日では以下の目的で施行されています。

鼻骨骨切り術の目的

鉤鼻、段鼻の改善 :ハンプ切除後の open roof を閉鎖する
広鼻の改善:広い鼻の基部を狭くする
斜鼻、彎曲鼻の改善:外鼻の外側壁の変形(左右差を含む)をまっすぐにする
さらに鼻骨骨切り術は、その骨切りラインによって次のように分類されます。
鼻骨骨切り術
外側骨切り(lateral osteotomy)
内側骨切り(medial osteotomy)
横断骨切り(transverse osteotomy)

Ⅰ.外側骨切り術(lateral osteotomy)

外側骨切りは、鼻腔内(梨状孔縁)アプローチと経皮アプローチに分類されます。骨切り線は、症例に応じてlow-low(低位ー低位)、low-high(低位ー高位)などが報告されています。また外側骨切りに、内側骨切り、横断骨切りなど組み合わされることも多い。

鼻腔内アプローチ

切開
梨状孔縁切開で、鼻腔内で下鼻甲介の前方に5㎜程度の小切開を置く。

切開
剥離
剥 離は骨膜下で骨切りラインに沿って最小限の幅で行う。できる限り周囲の骨膜は温存するが、術後の骨固定を安定させるためである。次に剥離子を翻転させて骨 の裏面である鼻腔側粘膜を同様に剥離する。骨膜、粘膜の損傷は術後にcollapse (骨、軟骨などの支持組織が本来の位置ではなく、後方に落ち込む)  を引き起こし、鼻閉の原因となり、形態的にも陥凹変形,鞍鼻変形などを引き起こすことがある。したがって一連の操作では組織を愛護的に扱うことに細心の 注意を払う。
骨切り
右手で12mmガード付オステオトームを保持し、常に左手の指で皮下での刃先の位置を確認しながら助手にハンマーで叩いてもらいながら予定線に沿った骨切りをします。
骨切り線は実際には鼻骨ではなく上顎骨・前上行枝に沿い、最終的に上限は内眼角間の高さまでとなります。

骨切り

経皮アプローチ

切開
stab(微小切開=1~2mm)は両側に眼窩下縁の高さで、上顎骨前頭突起の立ち上がりに置きます。

切開
骨切り
骨切りには、幅2ミリの鋭いオステオトームを使用します。骨切りは鼻腔内アプローチの際のように連続的ではなく、1~2mm間隔にて破線状態で進めます。はじめに刺入部から尾側の梨状孔縁に向かい、その後は頭側に向かい上顎骨前頭突起で内眼角の高さまで進めます。

骨切り
〔経皮アプローチの利点〕
1) 最大の利点は、ほぼ術者の意図したとおりに骨切り線をコントロールしやすいことです。鼻腔内アプローチでは、実際にはオステオトームが骨切り予定線上にあ るかどうかがわかりにくく、またノミ先端が方向的に内眼角、眼球に向かっていくため重大な合併症を避けようと本能的に内側に避けていく傾向があり、結果と して予定より高い位置(low to high) での骨切りとなることが多いのです。

2)経皮法では軟部組織のダメージが少なく、とりわ け骨膜の大部分が無傷であり、collapse(落ち込み)などの重大な合併症が少なく安全です。術後形態に関しては、骨膜下の剥離を行わないため骨片が 皮膚側に付着したままの状態であるため安定した結果を残しやすい。一方、大きな剥離を要する鼻腔内アプローチでは骨切り後に遊離骨片となる可能性も高く不 安定になりがちです。

3)眼角動脈損傷を避けることができるため術中出血も少なく、当然術後の腫脹、内出血も最小限に抑えることができる。
外側骨切りの際のラインに関して
外側骨切りの際のラインに関して
low to high (低位ー高位)(梨状孔縁から open dorsum まで)
・軽度 hump(小さいopen roof) の場合
・軽症の広鼻の場合
low to low(低位ー低位)
・重度 hump で大きなopen roofを残した場合
・もともと内眼角あたりまで幅の広い、重度の広鼻を狭くしたい場合(広鼻)

Ⅱ.内側骨切り術(medial osteotomy)

Ⅱ.内側骨切り術(medial osteotomy)
鼻 骨と骨性中隔との間の骨切りを内側骨切り(medial osteotomy)と称します。通常オープン法でハンプ切除後に、外側骨切りに先立って内側骨切りを行います。細い幅5mmのノミを使用し、直視下に open roofの頭側に差し込んで左右ともにmedial obliqueに骨切りを行う。この骨切り線は、続いて行う外側骨切りに連続した瞬間に骨の可動性が容易に確認できるため、内眼角を超えて頭側に骨切りを 行うのを防止する役目を果たします。

Ⅲ. 横断骨切り(transverse osteotomy)

Ⅲ. 横断骨切り(transverse osteotomy)
重 度の広鼻に対してlow to lowの骨切り(lateral osteotomy)が行われますが,頭側の骨切り線は、両側の内眥を結ぶ線上までとしますが、左右の外側骨切り線を結ぶように横断骨切りが必要になりま す。横断骨切りの両端に2mmのstabを入れ、両側から中央でつながるよう骨切りを行います。

広鼻(wide nose)

鼻背部の幅が広い広鼻に対しては3つの治療法が考えられる。
シリコンインプラント挿入
上顎骨前頭突起部骨削り
鼻骨骨切り
患者の希望も配慮しながら術式を決定します。シリコンインプラントは細く、高くしたい患者様には第一選択です。鼻骨骨切りは鼻は高くせず、細くしたい患者様に第一選択となります。上顎前頭突起の骨削りは効果が小さいため限定されます。

シリコン・インプラント挿入

シリコン・インプラントを挿入することにより鼻背中央部に鼻すじを通し、広鼻をカモフラージュします。しかし症例を選択しないと、またインプラントの幅、高さを慎重に決定しないと、かえって鼻が大きくみえることもあります。

上顎骨削り

広鼻で幅広の部位というのは解剖的には鼻骨ではなく、上顎骨前頭突起です。上口前庭切開により、眼窩下神経を確認したうえで、その内側で上顎前頭突起を露出 し、2mm、3mm ラウンドバーを用いて鼻幅が狭くなるように骨削りを行ないます。本術式も軽度の広鼻が適応となり、大きな改善は望めません。外側骨切りと比較してメリット は手技が容易で、合併症、後遺症がほとんどなく、術直後のスプリントを必要としません。しかし腫脹に関しては大きな差はなく、むしろ長引く可能性もありま す。

骨切り法

軽度、中程度の広鼻では low ―high、重度の広鼻では low -low の骨切りを行ないます。
low - low の場合にはdigital frctureは難しいため、内眥間を結ぶ線上の骨切り線の両端に 2mm 皮切を追加して、横断骨切りを追加します。
鼻骨骨切り術(広鼻・太鼻)の特徴
施術時間 約120分
麻酔 全身麻酔
腫れ具合 ★★★★☆
ダウンタイム 1週間~2週間
術後2週間ギプス固定
抜糸 7日目
同時に行うことが多い施術
下眼瞼拡大-垂れ目形成-
つり目を改善し、垂れ目を形成
下眼瞼拡大-垂れ目形成- 詳細へ
目頭切開
目が離れていて小さい目もとも切れ長の大きな瞳に
目頭切開 詳細へ
エラ削り
四角い大きな顔もほっそりとした理想の卵型に
エラ削り 詳細へ
頬骨削り
顔の横幅を小さくして憧れの小顔に
頬骨削り 詳細へ
額 後退(前頭洞骨切り)
額の突出による険しい印象を、女性的な優しい印象へ
額 後退(前頭洞骨切り) 詳細へ
料金表
鼻骨骨切り(広鼻・太鼻)
630,000円~
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
リッツ美容外科 大阪院 美容外科 整形
ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
トップへ戻る