大阪の美容外科 整形

ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
ボタン
closeclose
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メディカルダイエット
BBX
BNLS
ウルトラアクセント
鼻の美容整形
鼻孔縁下降術
鼻翼の上がっている部分だけを下げて、鼻の穴を見えなくする。
目 (眼瞼)
二重形成
埋没法(SMK法)
埋没法 + 脱脂 (MS法)
切開法
瞳拡大
眼瞼下垂
下眼瞼拡大-垂れ目形成-
目頭切開
上眼瞼たるみ改善
上眼瞼切開
眉毛下切開
内視鏡上眼瞼リフト
上眼瞼脂肪注入
下眼瞼たるみ改善
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
涙堂・涙袋形成
涙堂注入
隆鼻術
シリコンインプラント
ゴアテックス(鼻根部Vライン形成)
自家組織移植(軟骨・筋膜)
鼻尖形成術
鼻尖縮小術
鼻尖増高・挙上・下降術
鼻翼(小鼻)形成術
鼻翼縮小・挙上術
鼻中隔延長術
鼻中隔延長術
鼻骨骨切り術
鼻骨骨切り(ワシ鼻・ハンプ)
鼻骨骨切り(広鼻・太鼻)
鼻骨骨切り(斜鼻・鼻中隔弯曲)
鼻柱形成術
鼻柱挙上術
鼻柱下降術
鼻唇角形成術
鼻孔縁形成術
鼻孔縁下降術
鼻下長短縮術(lip lift)
鼻下長短縮術(lip lift)
Filler(皮膚充填剤)注入
注入法(ヒアルロン酸など)
輪郭
エラ
エラ削り
頬骨
頬骨削り
アゴ(オトガイ)
顎 短縮(水平骨切りなど)
顎 延長(骨切り・シリコン)
顎 前進(水平骨切り・シリコン)
顎 後退(骨切り)
V-line形成(垂直骨切りなど)
下顎(咬合)-受け口-
受け口(下顎分節骨切り)
出っ歯(上顎分節骨切り)
(前額部)
額 増大(アパタイト・メタクリル酸メチル・脂肪・ヒアルロン酸)
額 後退(前頭洞骨切り)
こめかみ
増大(シリコン・アパタイト・脂肪・ヒアルロン酸)
ガミースマイル(上顎)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
輪郭プチ整形
ボツリヌストキシン注射(小顔)
しわ・たるみ改善
フェイスリフト
額フェイスリフト
ミッドフェイス フェイスリフト
頬部フェイスリフト
こめかみリフト
スレッドリフト(糸のリフト)
スプリングリフト
シルエットリフト
マジックリフト(ハッピーリフト)
ナチュラルリフト
ホワイトリフト
小顔美容鍼(ウルトラVリフト)
上眼瞼抗加齢治療
眼瞼下垂
上眼瞼切開
眉毛下切開
内視鏡上眼瞼リフト
上眼瞼脂肪注入
上眼瞼除皺術
下眼瞼抗加齢治療
下眼瞼切開
下眼瞼結膜側脱脂
目の下のクマの治療
プチ整形(注入)
ボツリヌストキシン・ヒアルロン酸注入
PRP療法
脂肪注入
頬 脂肪注入
上眼瞼脂肪注入
超音波治療
ウルセラシステム
レーザー治療
レーザー治療(しわ)
レーザー治療(しみ)
バスト (豊胸)
豊胸
リッツ・プリンセスバッグ
脂肪注入
幹細胞脂肪注入
ヒアルロン酸注入(マクロレイン)
ピュアグラフト豊胸術
乳房縮小(リダクション)
乳輪周囲切開(リダクション)
乳房吊り上げ(マストペクシー)
乳輪周囲切開(マストペクシー)
乳頭・乳輪形成
陥没乳頭
乳頭縮小
乳輪縮小
色素沈着改善(乳頭・乳輪)
トレチノイン療法
痩身・ボディデザイン
脂肪吸引
脂肪吸引
メソセラピー・ダイエット
メソセラピーダイエット(脂肪溶解)
メディカルダイエット
メディカルダイエット
BBX
メディカルダイエット BBX
BNLS
BNLS
ウルトラアクセント
ウルトラアクセント
口もと
口唇
口唇拡大術
口唇縮小術
口もと形成
出っ歯(上顎分節骨切り)
受け口(下顎分節骨切り)
上顎短縮骨切り(LeFortⅠ型)
スキンケア
しわ
レーザー治療(しわ)
トレチノイン療法(スキンケア)
しみ
ライムライト
メドライトC6
QスイッチYAGレーザー
レーザートーニング
黒子(ほくろ)
黒子(ほくろ)
その他
婦人科
小陰唇縮小/大陰唇縮小/膣縮小
腋臭(わきが)・多汗症
腋臭の外科的治療
ボトックス注射(多汗症改善)
ビューホット
ビューホット
刺青(入れ墨)除去
刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去
ピアス穴あけ
ピアッシング
料金表

鼻孔縁下降術 施術内容

正面からみて鼻の穴が目立つ場合に、鼻孔縁に軟骨移植または皮膚ー軟骨移植を行ない鼻の穴を見えなくします。
鼻孔縁の形と重症度に応じて、鼻翼軟骨、耳介軟骨、皮膚ー軟骨複合組織移植を選択します。

お勧めの方

鼻孔縁下降術

鼻孔が正面からみて目立つ(retracted nostril rim)のを改善したいという希望は少なからずあります。改善方法は、鼻孔の内側に軟骨移植を行います。
東京院・広比院長(当時)が開発した方法は画期的なアイデアであったため、2003年、世界的に有名な美容外科医学専門誌である"Aesthetic Plastic Surgery"に掲載されました。
Aesthetic Plastic Surgery
栄誉あるこの方法は、現在も鼻孔縁形成の世界標準の手術法として世界各国で行われています。
鼻孔縁の引きあがりに関して、形状は大きく2つに分類することができます。

タイプ1:鼻孔縁形態はドーム上で頭側に引きあがっているタイプ。

正面から鼻の穴が目立つのを改善したい、と希望されることが多い。通常は鼻尖、鼻柱もretractされていることも多いため鼻中隔延長術を適応することが多い。但し鼻中隔延長だけでは、鼻柱、鼻尖さらに鼻孔縁内側は下降するが、鼻孔の中央から外側は変化しないため、かえって外上がりの不自然な鼻孔形態となることもあります。同時に鼻孔縁外側に鼻翼軟骨移植を行うことに良好な結果が得られます。

タイプ2:鼻孔縁は外側に向かって滑らかに吊り上がっていき、鼻翼が内側に巻き込むタイプ。

このような患者では鼻尖、鼻柱は通常の形態であることも多い。鼻孔が大きく目立つため鼻孔を小さくする目的で、またいわゆる”あぐら鼻”の改善を目的に鼻翼縮小術が適応されます。但し鼻孔の外側が引きあがっている形態は大きく変化せず、その部位に軟骨移植を同時に行うことにより鼻孔縁の形態はさらに改善されます。

鼻孔縁引きあがり変形(Retracted nostril rim)に対する手術方法

鼻孔縁に軟骨移植または皮膚―軟骨複合移植を行います。
ドナーとしては、
軽症例では鼻翼軟骨
中等症例には耳介軟骨
重症例では耳介皮膚―軟骨複合組織を選択します。

軽症例

わずかの変化でよいわけで、頭側切除した鼻翼軟骨を移植片とする。採取できる大きさは10×3mm程度であり、大きな改善は望めないが、軟骨自体薄く、移植後に鼻孔縁でその存在が目立つことがないため安心して使用できる。鼻翼軟骨の頭側切除により上外側鼻軟骨との結合組織による連結が断たれるため、鼻孔縁の尾側方向への可動性が良くなり、それなりに下降効果が得られます。

中等症例

耳介軟骨を選択するが、軟骨はやや硬く、薄く細工することはできるがそれでも鼻翼軟骨ほどには細工が難しく、薄くしすぎるとちぎれやすく強度が不足する。結局鼻孔縁に移植するにはやや厚く、術後に鼻孔縁の厚みが増し、鼻孔を下から覗いた際には鼻腔内に突出した変形として目立つこともあります。

重症例

耳介より皮膚―軟骨複合組織移植を行います。上記の耳介軟骨移植と同様術後に鼻孔を下から覗いた際には、移植片の厚み、移植皮膚の色調の違いなどが目立つ可能性もあるが、鼻孔縁の下降度合いは最も大きく、適応を選べば優れた術式です。重症例では本術式以外改善方法はないと考える。

【鼻孔縁鼻翼軟骨移植術】

【鼻孔縁鼻翼軟骨移植術】
デザイン
手術前に患者様を坐位の状態で、鼻孔のどの範囲を下降させるかをマーキングします。その際に左右差も頭に入れておきます。
切開
局所麻酔を注入後、鼻孔縁切開(rim incision)を行います。剥離は鼻翼軟骨直上で行い、頭側に向かって外側鼻軟骨中央あたりまで行います。
鼻翼軟骨頭側切除
両側の鼻翼軟骨を丁寧に露出し、頭側の軟骨をを約3~4mm幅で切除(cephalic trim)し、これを移植片とします。
剥離腔作成
次に鼻孔縁切開部より辺縁に向かって剥離を行いポケットを作成するが、微細剪刃を用いて慎重に剥離腔をつくります。
軟骨移植
ポケットを作成した後、先に採取した軟骨に3本の7-0黒ナイロンを通しておき、軟骨片を剥離腔に差し込み、3本の糸に針をつけて、皮膚側に引き出し、最終的にこの糸は尾側に牽引しながらスプリントに固定します。この際糸はある程度の張力で鼻孔縁皮膚を尾側に引っ張るようにするのがコツです。最後の閉創は軽く合わせる程度に6-0青ナイロンで行います。適正サイズのレティナを鼻腔に挿入し、縫合固定して手術を終了します。

【鼻孔縁複合組織移植術】

重症のretracted nostril rimに対しては、耳介前面のchonchaより皮膚―軟骨複合組織片を20×5mm程度で採取しておく。
【鼻孔縁複合組織移植術】
鼻孔のカーブに沿うようにドナーを選択する。鼻腔縁切開は鼻毛境界よりやや奥側を切開したほうが、術後に複合組織片の皮膚が鼻腔内を覗いた際に目立ちません。
【鼻孔縁複合組織移植術】
その後は先の軟骨移植と同様、剥離腔作成します。
【鼻孔縁複合組織移植術】
軟骨に3本pull-out用の糸を通しておく。複合組織移植片を適正な位置において、3本の糸をpull-outします。
【鼻孔縁複合組織移植術】
最後の閉層の際に複合組織片の皮膚をパッチのように縫い合わせます。
【鼻孔縁複合組織移植術】
その際に断面で見ると複合移植片の皮膚と軟骨はずれた状態で移植されている。
最後にレティナを両鼻孔に装着して、鼻腔内に数針縫合しておき、移植片がずれないように固定します。レティナは術後7日目にスプリントともども抜去します。
鼻孔縁下降術の特徴
施術時間 約80分
麻酔 静脈麻酔/局所麻酔
腫れ具合 ★★☆☆☆
ダウンタイム 1週間
抜糸 7日目位
同時に行うことが多い施術
下眼瞼拡大-垂れ目形成-
つり目を改善し、垂れ目を形成
下眼瞼拡大-垂れ目形成- 詳細へ
目頭切開
目が離れていて小さい目もとも切れ長の大きな瞳に
目頭切開 詳細へ
エラ削り
四角い大きな顔もほっそりとした理想の卵型に
エラ削り 詳細へ
頬骨削り
顔の横幅を小さくして憧れの小顔に
頬骨削り 詳細へ
額 後退(前頭洞骨切り)
額の突出による険しい印象を、女性的な優しい印象へ
額 後退(前頭洞骨切り) 詳細へ
料金表
鼻孔縁下降術
420,000円~
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
リッツ美容外科 大阪院 美容外科 整形
ご予約&お問い合わせの受付はこちら
受付:10:00~19:00(年中無休)
※カウンセリングは無料です
カウンセリング予約
無料メール相談
model
トップへ戻る