メドライトC6(QスイッチYAGレーザー)

しみの原因、状態によってはレーザー治療が適応されます。
メラニン色素に対し高い効果を発揮するメドライトC6(QスイッチYAGレーザー・レーザートーニング)を使用します。正常組織にはほとんど吸収されない為、皮膚へのダメージが少なく老人性や紫外線によるしみに効果的です。顔の場合は表皮に潜在している浅い部分のしみや真皮成分を伴うしみに、また手や肩、足にできているしみや、タトゥー除去にも使用します。除去後はUVケア、美白剤の使用を心がけましょう。

お勧めの方

・短時間でできるしみの治療を受けられたい方
・どの方法が適しているか自分で判断できない方
・レーザーでしみを取りたい方
・タトゥー除去をしたい方

メドライトC6のQスイッチYAGレーザーは、通常のしみ治療やタトゥー除去に高い効果があり、安全性に優れているレーザーです。 QスイッチYAGレーザーは2種類の波長を持っており、皮膚の浅い部分の色素疾患には532nmの波長での照射を行い、皮膚の深い部分の色素疾患には1064nmの波長での照射を行います。
原因の色素疾患に対し、適正な波長での照射を行う事により、安全に治療をお受け頂けます。

治療の対象となるもの

表皮性色素疾患

深在性色素疾患

・老人性色素斑(日光性のシミ) ・太田母斑
・雀卵斑(そばかす) ・伊藤母斑
・扁平母斑 ・ADM
・脂漏性角化症 ・タトゥー除去(黒・青・茶)
・ベッカー母斑 ・アートメイク除去
・単純黒子 上記等の疾患(皮膚の深い位置にある異常色素)に関しては表皮の色素脱失を起こす事無く 治療する事が可能な1064nmの波長での照射を行います。
・タトゥー除去(赤)
上記等の疾患に関しては照射直後に患部が白くなる最弱の532nmの波長での照射を行います。

治療方法

照射前に患部のお化粧を落として頂き、患部を冷却した後、患部に照射致します。 照射後は患部を軟膏+テープにて保護して頂きます。(7日〜10日間程度)

・痛み

痛みはわずかで麻酔の必要はありません。

・麻酔

なし
(タトゥー除去をご希望の方で、広範囲のタトゥー除去が必要な場合、麻酔の使用をする場合があります)

・腫れ具合

・ダウンタイム

約1週間患部を軟膏+テープ固定。その後UVケア (タトゥー除去をご希望の方で、広範囲のタトゥー除去が必要な場合、ガーゼによる患部の保護が必要になる場合があります) 。


ポイント

しみは、原因、部位、濃さ、大きさなどによって治療を選択します。
日焼けによるごく短期間にできたしみ・そばかす等の皮膚の表面近くにある色素や、タトゥー・あざ等の皮膚の深部にある色素、どちらにもQスイッチYAGレーザーが良く反応します。
メラニン色素のみをターゲットにしていますので、他部位にダメージを与える事無く除去する事ができます。
QスイッチYAGレーザーを行った後の患部は、その後新しい皮膚が出来るまで日焼けをしない様にして下さい。

料金表

  • 5,400円〜*大きさ・性質により異なります。

よくある質問と答え

Qスイッチとは、何ですか?
レーザーを照射している時間をパルス幅といいますが、パルス幅を10億分の1秒単位で制御できるレーザーが、Qスイッチレーザーです。 Qスイッチとは、Quality Switchingの略語で、カメラのフラッシュの様に、一瞬の瞬発力があるので、高出力を短時間で照射出来ます。
QスイッチYAGレーザーとは、何に効果的ですか?
レーザーの中でもメラニン色素に対し、高い効果を発揮します。
正常組織にはほとんど吸収されませんので、皮膚へのダメージが少なく、老人性や紫外線によるしみ、タトゥー除去等に効果的です。 Qスイッチレーザーですから、短時間での照射が可能です。
痛みはどの程度ですか?
照射時は、ゴムで軽くはじかれたような感じです。
照射前に十分に患部を冷却致しますので、安心してお受け頂けます。

メドライトC6(レーザートーニング)

しみの原因、状態によってはレーザー治療が適応されます。メラニン色素に対し高い効果を発揮するメドライトC6(QスイッチYAGレーザー・レーザートーニング)を使用します。正常組織にはほとんど吸収されない為、皮膚へのダメージが少なく老人性や紫外線によるしみに効果的です。低出力照射によって、肝斑を含むしみ等の表在性色素疾患に使用します。除去後はUVケア、美白剤の使用を心がけましょう。

お勧めの方

・肝斑治療を受けたい方
・どの方法が適しているか自分で判断できない方
・毛穴やくすみ改善をしたい方

メドライトC6のレーザートーニングは治療が難しかった肝斑や炎症性色素沈着にも高い効果があり、安全性に優れているレーザーです。
又、肝斑の他、毛穴やくすみ改善にも高い効果を発揮し、キメの細かいハリのある美肌へと導く事が出来ます。

肝斑とは・・・

肝斑は、一般的に30〜50代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。
頬骨や目周りに出来る事が多く、左右対称に出来る事も特徴の一種です。

明確な原因は解明されていませんが、女性ホルモンに大きく関与していると言われています。
人によっては妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけに現れる事もあります。
従来の治療薬はトラネキサム酸やビタミンCの飲み薬、イオン導入、ピーリング、美白化粧水等しかなく、何年かけても、進行を止める程度の効果しか見られないという状態でした。

従来、肝斑にはレーザー治療は禁忌
肝斑は色素を作るメラノサイトが活性化している状態の為、レーザー照射を行なう事でよりメラノサイトが活性化しやすくなり、メラニンが増えて症状が悪化する可能性がありました。 肝斑などの炎症性の色素沈着は、従来から使用されてきたガウシアン型と呼ばれている山の形をしたレーザーの照射方法の場合、山の頂点にあたる部分などへの刺激が強すぎて、より肝斑などを悪化させてしまうためにレーザーによる治療が行えませんでした。



レーザートーニングで肝斑治療

メドライトC6のレーザートーニングは、レーザーがフラットに照射されるトップハット型が採用されています。
創面がフラットで肌へ均一に、強弱の差がなくエネルギーを届けることで、副作用のリスクを軽減することも可能になりました。
又、レーザートーニングを肝斑に照射する際、非常に弱いパワーで照射します。 弱いパワーで照射する事により、肌に負担を与える事なく、停留したメラニンを減らしていき、継続して治療を続ける事でメラニンの量が少なくなり、安全で確実な肝斑の改善を実現します。

治療方法

照射前に洗顔をして頂き、ご希望の箇所に照射致します。
照射後イオン導入を行ないます。


・痛み

痛みは極わずかで麻酔の必要はありません。

・施術時間

約15分
(イオン導入+10分)

・麻酔

なし

・腫れ具合

照射後、強い痛みや赤みはありません。施術後はお化粧をしてそのままお帰り頂けます。

・ダウンタイム

なし


ポイント

しみは、原因、部位、濃さ、大きさなどによって治療を選択します。
肝斑や炎症性色素沈着などにはレーザートーニングが良く反応します。
メラニン色素のみをターゲットにしていますので、他部位にダメージを与える事無く除去する事ができます。
レーザー照射を行なった後は、日焼けをしない様にして下さい。

料金表

  • 【 1回毎 】顔全体:16,200円 / 両頬:9,720円 / 両頬+鼻:12,960円 

    【5回セット】顔全体:64,800円 / 両頬:38,880円 / 両頬+鼻:51,840円

よくある質問と答え

1回の施術でしみを取る事は出来ますか?
1回の施術でも肌の質感や透明感の変化は感じて頂けますが、1回で改善する治療ではなく、治療回数を重ねて少しずつ肝斑やしみを徐々に薄くしていきます。
個人差はありますが、2〜3回目くらいから効果を実感するという方が殆どです。
施術部位や色素沈着の状態にもよりますが、確実な美白効果を獲得して頂く為には、1〜2週間おきに5回程度、継続して受けられる事をお勧めしております。
その後、肌の状態をキープする為、定期的に継続する方もいらっしゃいます。
痛みはどの程度ですか?
パチパチして温かい程度の刺激を感じる方や、多少チクチクするような感覚はありますが、特別に痛みや出血、腫れなどありません。黒い色に反応して痛みが強くなりますので、産毛の生えている方は施術前に剃毛をされる事をお勧めします。
顔以外でもレーザートーニングを受ける事は出来ますか?
勿論、顔以外にも、身体のあらゆる部位の治療が可能です。当院では、照射場所の皮膚の状態等に合わせて、照射出力を調整する事が可能です。
唇等の皮膚の薄い部位にも対応出来ますので、ご安心下さい。